--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHAMP ROAD / DOSMOCCOS

2010年11月25日 23:30

 2009年3月13日発表作品

01. Go Go Spark
02. めふっ!!!
03. Alien feat. Lyrics Born
04. Yummy, Yummy
05. いつもの
06. Indigo Days
07. リリース
08. 悠々クレイジーランド
09. Drum & Bass feat. Abdominal
10. Brand New Day
11. On My Way feat. ahhco
12. Friday Night feat. Coma-Chi (Mountain Mocha Killimanjaro Remix)



餓鬼レンジャーの1stアルバム「UPPER JAM」収録の熊本弁ラップ「ばってんLINGO」をきっかけに結成されたDOSMOCCOS。
餓鬼レンジャーのポチョムキン、VOLCANO POSSEのKEN-1-RAW、DJ MO-RIKIの3人からなるグループの通算3枚目となるアルバム。

DJ MO-RIKIに加えてDJ TAIKIやGP、EVISBEATSなど多数のプロデューサーが用意したトラックは、
DOSMOCCOSのスタイルの軸であるファンクに標準が合わせられ、
ダンスミュージックというHIPHOPの魅力を押さえられたものばかりで非常に高品質。
それに乗っかる2MCのラップはトラックの良さを殺さずよりファンクに彩り、海外勢との共演にも違和感は無い。
お得意の熊本弁ラップに加えて文法が怪しい英語もガンガン歌詞に織り交ぜてくるので、リリックが聴き取りづらい箇所もあるが、
基本的には歌詞の内容の大部分は頭に入ってくる。
ノリで曲を作っているように見えてその実、一曲一曲の構成及びアルバム全体の流れは緩急織り交ぜられ良く考えられており、
アルバムに数曲あればラッキーな良曲が12連発される。

豊かな才能と勢いで偶発的に生まれた名盤「UPPER JAM」に対し、
長いキャリアの上で熟成されたスキルが駆使され綿密な計画のもと作られたのが本作だ。
現在の日本語ラップのオーバーグラウンドの主流ともアンダーグラウンドの主流とも違う独自のオリジナリティーが突き詰められている。
「CHAMP ROAD」というタイトルも、アルバムを聴く前はホントかよ?という感じだったが作品を聴いた後だと実にしっくり来る。
ヘンテコなジャケットにも因り、聴かず嫌いをする人が多そうなのがもったいない作品だ。

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。