--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネリル & JO / D.O

2011年04月19日 22:00

大麻所持による逮捕で発売中止になった2ndアルバムの発表を飛ばして
投下されたD.Oの3rdアルバム。

2011.1.19 Release

01. ネリル & JO
02. Shall We Blunt ?
03. トルカトラレルカナラ
04. Hustle & Flow feat. MIYUKI
05. A BLI
06. Gangsta Drive feat. PIT GOb, T2K
07. Letter to the Jail feat. 響
08. あとはカンに任せよう
09. He said
10. Stay Real

- BOUNS TRACK -
11. Bitch in Bed
12. I'M BACK REMIX

草関係で逮捕されたHIPHOPアーティストなんて珍しくもなんともないが、
それに対して反省するどころか、これがリアルだ、これが本物だと開き直り
自身の逮捕を曲のネタにしまくり、悪さ自慢に利用したことで
日本のHIPHOPシーンで独自の立ち位置を確保した感のあるD.O。
悪さを自慢するラッパーは多いが、逮捕されたことをこれ程上手くネタにした人も珍しい。

そんな彼の開き直りが前面に出た本作は、葉っぱネタに限らず、反社会的とされる行為によって
豊かな生活を勝ち取っていくこと、そんなやさぐれた人生の中でも愛する人や守るべき仲間がいること
濁水の中で輝く光があることが嫌味なくさらりと歌われる。
ライムはあまり仕込まず、退屈させない程度にラップに抑揚を付け
伝わりやすくも耳に残るインパクトの残る歌詞で聴き手を楽しませてくれる。

リアルなのか誇張なのか本当の所は分からないが、
ギャングスタな生活や価値観が色んなアプローチでアルバムを通してきちんと描写されている。
自身のギャングスタなスタイルを売りにしているラッパーは多いが、
その全容をアルバムでトータルで表現できている人は少ない。

そういう意味では新鮮な作品で、方向性としてはとても良いと思う。
しかし、少ない曲数にも関わらずスキットが連発されたり、M-8辺りのやっつけ仕事臭い曲や
改悪されたリミックスのM-12、ボリューム不足の割りに価格設定が高いのはマイナス。
この前に出たシングルに比べてコストパフォーマンスが悪過ぎる。
大事な時期だし才能もあるのだろうから、もう少し丁寧にアルバムを作って欲しい。



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

I'm Back / D.O

2010年11月20日 23:30

51xpfIh32YL.jpg 2010年9月8日発表作品

01. I'm Back
02. Don't Listen feat. JASHWON & PIT GOb
03. -

BOUNCE TRACK
04. EVERY SMOKIN' feat. SEEDA, SMITH CN
05. OTO feat. ZEEBRA, JESSE, L-VOKAL, T2K, Toul Roll



リンカーンに出演し一般層にまで知名度を高めたものの、その後大麻所持で逮捕され、
悪い意味で世間に話題を振りまいたD.Oの復帰作品となるワンコイン・シングル。

表題曲M-1で自身の逮捕にまつわる見解をラップしているが、
その内容はステレオタイプのHIPHOP価値観による逆切れ的なもので、
共感も出来ないし面白いとも思えない。
ただゴールデンタイムの民放で自分のラッパーとしての存在を演出して見せたのと同様に、自分の逮捕ネタまでも曲にする、
どこまでもエンターテイメントに徹する貪欲な姿勢は素敵だ。綺麗目なトラックの上にあえてシンプルな言葉とフロウを乗せ、曲としても良い。

自殺しようとする人や殺された娘の仇をとろうとしている人に天からの視点から言葉をかけるM-2は、
説得の言葉がただただ軽く浅く全く響かない。何でこんな曲を作ったんだろう?ボツにしろよって程の駄曲。

無音のトラックM-3に続くボーナストラックが本編よりずっと良い。
全く懲りてないことがタイトルからうかがえるM-4は草仲間達と緩いラップを披露する。
SEEDA一人が目立つこともなくD.OもSMITH CNも草ネタで生き生きとラップする。
お洒落なトラックに誤魔化されがちだが冷静に考えると最悪だ。
「音」をテーマにしたM-5は、中毒性抜群のピアノループの上で無名有名ラッパーが入り乱れてラップしているのだが、
皆同じ水準のバースを披露している。
つまり皆ZEEBRA並みにスムーズなラップをしている。JESSEのバースが足を引っ張っているが短いので問題無い。
5分半の大作なのにあっという間に聴き終えてしまう。まさに隠れクラシック。

500円という価格を考えれば素晴らしい作品だ。1000円だとちょっと高いかな。

[ 続きを読む ]


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。