--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Wizard Of・・・ / Mr.OZ

2009年08月09日 23:05



01. The wizard of…
02. It's another story feat. 蝶々
03. Scarecrow : カカシ feat. CITY-ACE
04. Skit ~narrator~
05. Hardknock feat. HANGMAN
06. Ghetto bwoy feat. MACHACO, PitBullFigh
07. Let's nexxx party
08. Skit ~tittle-tattle~
09. Welcome to my castle
10. Soundwitch feat. ANTY the 紅乃壱, 來々, MAC
11. End-roll feat. 蝶々, CITY-ACE, HANGMAN
12. Skit ~writing~
13. The letter send on later
14. …Still in drama



前作が自身の代表曲を詰め込んだ集大成的作品であり、一区切りついた印象だったMr.OZ
そんな彼の次の一手はなんとオズの魔法使いをモチーフにしたファンタジーもののストーリーアルバム。
ジャケットは絵本のような作りになっている。

ソロ活動以降はグループのウェッサイな音楽趣向に拘らず様々なアプローチを作品上で行ってきたMr.OZ。
秀逸なリリックを書く彼はストーリーものを書かせたら日本ではトップレベルだと思う(韻はちょっと甘いけど)。
そんな彼だがこんな一枚を出してきたのにはさすがに驚かされ、聴く前は少し不安もあった。
だがアルバムを聴いた後はそれは杞憂に終わり、本作は彼のソロアルバムの中で一番好きな一枚となった。

オズ役とナレーションをMr.OZが担当し、ドロシーやキコリ等その他の登場人物を客演陣がこなしている。
ただ客演にはフックと少しばかりのバースが与えられているだけで、登場人物の細かな心情の描写は全てOZが行っている。
物語の始まりから仲間達の集結と、前半から中盤までの流れは完璧だが、後半が尻切れとんぼのように終わってしまう。
M-10の後にエンドロールが来るのは不自然だし、せめてM-10の後にもう1、2曲入れて欲しかった。

オズの物語が終わった後、未来の自分にあてたM-13、別の時代と場所の物語M-14がボーナストラック的に挿入される。
どちらも彼の代表曲といえるものだが、過去の作品に収録されたものと内容が同じなのは残念。
彼は過去の曲を再録する場合は大抵リミックス等を施し、オリジナルとはまた違った魅力を見せてくれるのだが、
今回はそれが無く手抜きに感じた。

そのような不満点はあるのだが、発想力とその発想をここまで具現化したのにはただただ頭が下がる。
この人は作品のプロデュース能力が他のアーティストと比べてずば抜けていると思う。

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

The Best Of Mr.OZ

2007年05月30日 16:25

photo-319.jpg

勝手に作ってみました。

[ 続きを読む ]

Original Zenius : BETWEEN THE BRIGHT AND THE DARK / Mr.OZ

2007年04月30日 17:00





01. Into-law feat. 來々, CHISA, G-NIWS
02. Original Zenius feat. Machaco, Kalassy Nikoff
03. A to Z ~a counting song~ feat. AKIRA, Equal
04. Report of a gun (long ver.) feat. HANGTOWN ALLSTA
05. 4 season ~hottest summer~ feat. プリメラ
06. Contrast
07. Made in underground feat. ANARCHY
08. Tearful smile
09. Between the bright and the dark (remix ver.) feat. EL LATINO, Ms Ooja
10. G'z always cry alone (long ver.)
11. Money launderin' feat. SIMON, PitBull Fighter
12. 4 season ~painful autumn~ feat. City-Ace
13. O FIVE TWO (remix ver.)
14. Thank you... feat. ANTY the 紅乃壱
15. Out-law
16. WE GOT IT LIKE THAT / Phobia Of Thug feat. HI-C



ビッグマックのレーベル・オーナーとして毎月のように発表される作品の製作に関わり、
名古屋ひいては全国のヒップホップシーンに多大な影響を与え続けているミスターOZ
彼が今回着手した2ndは、彼の過去の代表作が数多く詰め込まれたなかばベスト・アルバム的な内容となっている。

アルバム・コンセプトとしては、ジャケットに写る黒と白で顔をペインティングしたミスターOZが
犯罪を犯すまでの心の葛藤や犯さなければならない環境や理由を、
現在の国内のヒップホップ・シーンの状態と重ね合わせながらアルバム全体で表現しているらしい。

2枚のシングルのイントロと同じトラックの上でアルバムの始まり及びヒップホップ・シーンを強奪する事を宣言する「Into-law」は、
3バースもありイントロというより一つの曲として成立している。
モサドの2人を迎えた「A to Z」はアキラからミスターOZまでの数え歌というテーマで、
2人が26個のアルファベットを順番に使ってリリックを展開していく。
フックとトラックをイコールが担当しずば抜けてかっこいい曲に仕上げており、新曲の中では間違いなく今作ベストの出来。

スキット的な楽曲「Contrast」に続く、アナーキーとの「Made in underground」では
アナーキーのタイトなラップに触発されたのか、ミスターOZも高速フロウを聴かせてくれる。
サイモンとレゲエDJのピト・ブル・ファイターを迎えた「Money launderin'」では、
ファニーなトラックとピト・ブル・ファイターによるフックがコミカルな印象で、シリアスな曲が続くアルバムの中で異色な楽曲となっている。

再構築された過去の楽曲はクオリティの高いものが揃っているが、
アルバムの流れが若干ちぐはぐな印象もありその点はフォビアの1stに似ている部分かもしれない。
ボーナス・トラックとしてHI-Cを客演に迎えたフォビア・オブ・サグの新曲が収録されており、
ついにフォビアとしての活動が再開されるのか期待が高まる。
[ 続きを読む ]

IDENTITY / Mr.OZ

2006年11月08日 21:07





01. Report of a gun
02. Put Your Hands Up
03. MODEL feat. 來々
04. 4 Seasons : cruisin' in winter feat. 小舞
05. IDENTITY
06. Wall Of Hate feat. LA BONO,K.K. for CALUSARI
07. Skit#
08. Time is money, Life is game feat. G-NIWS
09. Mr.Billy Meetsgun Ⅲ
10. Dear... feat. 拳太 for J-GREN
11. 4 Seasons : in early spring
12. Set the Table feat. RYUZO for R-RATED,kalt
13. Sure Shot feat. YOUNG BERY for Ruff Neck
14. LAST SONG
15. G.U.N. ~Gangstaz Unusefull Nack~ remix feat. 尾崎 真希

mic02.gif

自身の陰と陽の部分を表現したという二枚のシングルを出した後、間髪入れずにアルバムを発表したミスターOZ。
フォビア・オブ・サグの作品では相方のギャングスタ・キューと共にハードなフロウを聞かせることの多い彼だが、
今作においては全体的に穏やかなフロウを多用している印象である。

とは言え一曲目の「Report Of A Gun」ではゴリゴリのギャングスタ・サウンドに乗せてアルバムの開始を高々に宣言し、
続く「Put Your Heands Up」でもアッパーなトラックにハードなフロウを乗せるダークなパーティーチューンを聞かせてくれる。

しかしそれ以降は穏やかな語り口の曲が続く。タイトル曲の「IDENTITY」では自身のハードだった半生を振り返り、
ヒップホップや仲間への感謝の気持ちを口にする。
後半にはR-RATED代表リュウゾウや、期待の新人ヤング・ベリーと熱いマイクを交わす楽曲が並ぶ。
ラストは名曲「G.U.N.」のリミックス・バージョン。
より穏やかになったトラックにフックは女性ボーカルが担当しオリジナルとはまた違った印象を与える。

アルバム全体においてトラックは前衛的で新鮮なものが多く、質が高いものが揃っている。
全体的に落ち着いた楽曲が多い今作は多少好き嫌いが分かれるかもしれないが、
ミスターOZのラップスタイルと同様オリジナルティの高いものとなっている。

Original Zenius:THE BRIGHT SIDE / Mr.OZ

2006年11月02日 23:56





01. Intoroduction feat. 來々
02. Original Zenius feat. MACHACO, Kalassy Nikoff
03. Mr.Billy Meets Gun Ⅱ
04. 24-7

mic02.gif

フォビア・オブ・サグとしても丁寧にシングルを作ってきたミスターOZは、
シングルが売れない今の状況を変えようとソロ第一弾としてシングルを発表した。

重奏なイントロに続く自身の名前を冠したタイトル曲では、
カラシ・ニコフ、マチャコ等自分と同じくオリジナル・ジーニアスな客演と共にポジティブなメッセージを伝える。
フォビアの作品と比べるとずいぶんキャッチーな曲で新しい事に挑戦しようとしている印象だ。

続く「Mr.Billy Meets gun」はストーリー仕立ての作品になっており、3人の登場人物に合わせてフロウを使い分けている。
トラックはジャジーな感じでこれもフォビアには無いタイプの曲である。
ボーナストラック「24-7」ではDJ 4-SIDEのシリアスなトラックの上で声を磨り潰しながらのハードなフロウを聞かせてくれる。

全曲水準の高いタイプの異なる曲が並んでおり、今作で調子を上げた彼は、
元々シングル一枚でソロ活動を終わらせる予定だったそうだが、更にもう一枚シングルそしてアルバムと制作を進めていくことになる。



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。